[iOS14.6リリース]Podcastにサブスク追加!AirTagもアップデート

[iOS14.6リリース]Podcastにサブスク追加!AirTagもアップデートのアイキャッチ

Appleは2021年5月24日(日本時間25日)、iOSの最新バージョン「iOS14.6」の配布を開始した。

Apple Support

iOS 14では、iPhoneでの主要な体験がアップデートされます。再設計されたウィジェットをホーム画面に追加でき、Ap…

iOS14.6ではPodcastでサブスクリプション式の有料コンテンツが視聴できるようになった他、AirTagの紛失モードの連絡先にメールアドレスが設定できるようになった。他にもいくつかの不具合が改善されている。

iOSのアップデートは「設定」アプリ→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から行うことができる。
iOS14.6で追加された新機能は下記の通り。

iOS14.6新機能

Podcastのサブスクリプションに対応

Podcastでサブスクリプション式の有料コンテンツが配信されるようになった。クリエイターが提供するコンテンツに課金することで、有料のPodcastコンテンツを楽しめるようになる。

また、クリエイター側は年額19.99ドルのApplePodcastersProgramへ加入することで、有料版のPodcastコンテンツをサブスクリプション式で配信できる。月額料金はクリエイターが決めることができて、最初の1年間は収益の30%、それ以降は収益の15%を手数料としてAppleに支払うことになるようだ。

AirTagと”探す”の紛失モードにメールアドレスが設定可能

iOS14.5から対応した「AirTag」。
iOS14.5では紛失モードの連絡先に電話番号しか設定できなかったが、メールアドレスも設定できるようになった。

紛失モードにした上で連絡先としてメールアドレスを設定するには、「探す」アプリから下記の手順で行う。
→対象のAirTagを選択
→「紛失モード」有効にする
→「メールアドレスを使用」

 

AirTag紛失モード電話番号設定

→「有効にする」
AirTag紛失モード設定

 

実際に紛失モードにしたAirTagをiPhoneでかざして読み取ってみると、下記画像のように連絡先メールアドレスがしっかりと表示されていた。
また、今回のアップデートによりオーナーの横に表示される電話番号の下四桁以外が伏せ字で表示されるようになったみたいだ。

AirTag、NFC読取時の表示

 

電話番号だけでなく、比較的容易に複数作成できるメールアドレスでも設定可能になったことは良いアップデート。これで気兼ねなく、紛失モード時に連絡先を設定できるだろうし、もしAirTagを紛失しても誰かが連絡をくれる可能性が少し上がったように思える。

もちろんAppleID以外のメールアドレスでも設定できるので、安全のためにAppleID以外のメールアドレスを連絡先にしておいた方が良い。

これからもソフトウェアアップデートでAirTagがより良いものになることに期待。

関連記事

Appleの新製品「AirTag」を利用してみて、だいたい3週間が経過した。 下記記事でもまとめたが、AirTagは精度が良い。特にiPhone11、12シリーズを利用しており、近くにある場合は10cm単位の詳細な場所まで知ることができる[…]

[AirTagを実際に使って発生した問題]プライバシー対策に課題有り?のアイキャッチ

iOS14.6のその他変更点

その他の変更点は下記の通り。

・音声コントロールを利用している場合、音声のみで初回のロック解除することが可能になった

・Apple Watchで「iPhoneをロック」後、再度Apple Watchでロック解除できないことがある問題の修正

・リマインダーが空白行として表示される場合がある問題の修正

・「設定」で着信拒否の機能拡張が表示されないことがある問題の修正

・Bluetoothデバイスを使っての通話中に突然切断される、他のデバイスに音声が飛ぶことがある問題の修正

・iPhone起動時のパフォーマンス低下問題の修正