メルカリとラクマで悪い評価されない方法

メルカリとラクマで悪い評価されない方法[梱包とやりとり]のアイキャッチ

私は2017年頃からメルカリで私物を売却している。今までメルカリで約200個、ラクマで約20個を売却してきたが一度も悪い評価/低評価をされたことがない。気が付けば、かなりの高評価を貯めることができた。
評価は出品した商品が売れるかどうかと販売価格に直結するのでかなり重要。評価が高ければ、同じ商品を他の人より多少高く出品しても買ってもらえる。

低評価がつかないように気をつけていることがあるので、簡単にまとめていく。

低評価がつかないために注意していること

・商品画像は無修正

・丁寧なやり取り

・しっかりした梱包

高評価を貯めるメリット

・商品が売れやすい

・他の人より高くても売れる

低評価がつかないために注意していること

商品画像は加工しない

メルカリやラクマには画像編集機能がついており、撮影した出品商品の画像を簡単に編集することができる。ただ、私は編集しなくても十分な写真が撮れるので使わない。何より、画像と実物が違って低評価につながる可能性を懸念しているので、撮影した写真をそのまま利用するようにしている。

メルカリ画像編集

丁寧なやりとり

購入してくれた人にはできるだけ丁寧なやり取りをするよう心掛けている。
まずは購入されたことに気付いた時点で、「この度はご購入頂きありがとうございます。用意ができ次第発送いたしますので、しばらくお待ち下さいませ。最後までよろしくお願いいたします。」という挨拶を取引メッセージで送信する。

これはメルカリとラクマで売却する度に使うので、ユーザー辞書登録している。

メルカリ用ユーザ辞書登録の画像

また、やり取りは丁寧に行っているが、必要以上のメッセージを送らないようにもしている。
例えば、発送完了したあとに、「発送しました」というようなメッセージは、発送した時点で通知されることを考えると不要。
私が購入者の立場だったら要らないメッセージは決して送らない。

十分な梱包

当然だが、梱包には万全を期している。不十分な梱包は低評価に直結しやすい。
梱包のために常備しているのは布テープ、梱包材、A4封筒、ダンボール。

プチプチ梱包材と布テープで商品を包み、ダンボールやA4封筒に入れて発送する。ディスプレイなどの場合は画面にもダンボールも添えて、画面割れがないようにする。梱包材はAmazonやホームセンター、100円ショップで大容量な商品が販売されているので、まとめて買っておけば便利。

Amazon.co.jp: ヘッズ 日本製 エア 緩衝材 再生原料 ロール S 30cm 幅 × 5m 巻 2巻 HEA…

梱包のイメージ

高評価を貯めるメリット

商品が売れやすい

良い評価が貯れば、商品が売れやすい。
購入する立場からすれば、評価0の人や悪い評価がある人から購入するよりも、高評価のみ100件ある人から購入する方が安心なのは言うまでもない。
評価が少ない人や悪い人から購入するのは、ちゃんと送ってくれるかや説明通りの商品が届くかなどの心配が生まれ、即購入することを躊躇してしまう。

フリマ売却イメージ

多少高くても売れる

評価が高ければ商品が売れやすいのと同じ理由で多少高い値でも売れる。
実際に私は出品前に同じ商品の価格帯を見て、多少高めに設定するが値下げせずにそのまま購入してもらえることも多い。

メルペイスマート払い利用上限金額が増える

メルカリの提供している決済サービスのメルペイ。メルカリでの購入やコンビニ、薬局等の店舗での買い物、提携のネットショップなどで利用できる。
後払いでも支払うことができ、メルペイスマート払い(翌月払い)は当月の1日〜末日までの支払を翌月1日〜翌月末日までに清算する。
後払いの利用可能額はメルカリの利用実績や評価、今まで遅延なく支払っているか等の信用の度合いによって判断されるようで、2021年4月現在で最大30万円のようだ。
清算方法は、設定した銀行口座からの自動引落し、メルカリ売却額残高での清算、コンビニ/ATMでの清算の3つの方法がメイン。※コンビニ/ATMでの清算のみ、300円の清算時手数料がかかる。

メルカリのクレジットカードのようなものと言える。

メルペイとは1

メルペイとは2

引用:メルカリガイド

私が今までメルカリを利用した合計は約200個の売却と約10個の購入程度。メルペイの残高は2万ほどになったら引き出しており、メルペイ支払いはほとんど利用していない。それでもメルペイスマート払い上限は満額に近い25万円となっている。

メルペイスマート払い利用上限金額

 

また、メルペイでは定額払いもできる。「メルペイスマート払い(定額)」は年利15%の利息で利用可能。これはつまるところのリボ払いで、メルカリによると支払い方法の手段の一つとして提供しているとのこと。メルカリにとっては利用してくれればかなりおいしい。
定期的にメルペイスマート払い利用限度枠を上げている様子を見ると、メルカリが金融事業に力を入れていることがわかる。

メルカリ、利用限度額拡大の通知画像

私はメルペイスマート払い(定額)の利用はもちろん、メルペイを支払いのメインにする予定もないので、正直メルペイの利用上限枠はどうでもいい。

まとめ

売れ行きや販売金額に関わるので、メルカリやラクマ利用時は悪い評価をつけられないように取引する方が良い。
悪い評価にされないためには、丁寧な梱包と取引を心掛けるなど特に難しいことはなにもない。中には、何も問題なく取引を行っても無言で悪い評価をつけるような人もいるようだが、そんなときは運が悪かったと諦めるしかない。